小道具や舞台セットの色々

こんばんは、川﨑です♪今回は舞台上にあった小道具の紹介をしていこうと思います。

上の写真の段ボールは物語冒頭で春彦が桶の修理をする為に道具入れとして使っていたもの。新橋にある岡山のアンテナショップで久美さんがもらってきてくださいました♪こんな段ボールあるんですね、初めて見ました。ちなみに「もんげー岡山」は岡山のキャッチフレーズだそうで、意味は「とっても、大変」だそうです。(違ったら後日森本さんから訂正が入ると思います←)

この酒瓶の入ったおかもち(?)は星さんが作ってくださいました!瓶8本も持ち歩けないよね!?と一同頭を抱えていたところ、俺作ろうか?と名乗り出てくださいました。ありがやたありがたや。持ち手の真ん中が持ちやすいようにちょっと凹んでいるという親切設計!ありがとうございました!

下手にあったラックには同じく岡山のアンテナショップにあった観光ブースから拝借した冊子がずらーりと並んでいました。岡山と言っても色んな地方があるので冊子の種類もたくさん。どれをどう並べようかなと頭を悩ませたものです。ちなみに私が当日パンフレットの写真で持っていた冊子もこのラックに並んでいます。さぁ、どれでしょう?

次回もまだまだ小道具、舞台セットの紹介していこうと思いまーす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする